So-net無料ブログ作成
検索選択

《伴侶》はひとりじゃない? [ツインソウル]


こんにちは。HINAです。

今回はツインソウルの人数についてお話しさせていただきます。


あなたは《ツインソウル》の人数について考えたことがありますか?


多く語られているのは


「原初の魂が二分割されて男性性と女性性・陰と陽の対局としての存在」


という説です。


この《二分割》という言葉がツインソウルを唯一無二の存在とするイメージに結びついています。



しかし最近はもっと多いという説が濃厚になってきています。


必ずしも2つに分かれるのではなく、複数のエネルギーになる場合もあるとのことです。


この分裂した魂は同じエネルギーですが、持っている性質が異なります。

そのため性質が正反対で反発しあったり、犬や猫という姿で転生することもありうるそうです。


同じ極の性質を持つ魂は磁石のように反発して遠ざかります。



これまでツインソウルは男性性と女性性に分かれてお互いにないものを持っている

だからパズルのピースのようにぴったりと合致することで完成される


このように考えていらっしゃる方もまだまだ多いでしょう。


・ツインソウルはひとりではないこと

・犬や猫の姿に転生する場合もあるということ


この2点は私にとってストンと腑に落ちる説明でした。


この他にもソウルメイトやツインフレームに関して明確な人数を明記している説がありますが

あくまでも私の経験からですが、魂によって違うのではないか?と思っています。


巷に溢れている情報を鵜呑みにすると混乱を招き

魂の学びがさまたげられてしまうかもしれませんね。


自分の魂の感覚を信じましょう。



《スポンサードリンク》





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。